シンママライフ

ネジが抜けない!!潰れた・なめた・壊れたネジが女の私にも抜けた対処法

shizuka
shizuka
シンママのshizukaです

シンママやってると、力仕事も頑張らないといけない時がありますよね。

今回は、「ネジが抜けない!」場面。

私が対処した方法を教えます!!

ネジが抜けない!!

まず、私がどうしてもネジを抜きたい状況に陥った状況をご説明します。

子供部屋の壁に設置していた金具を外したかったのです。

この金具、テレビを壁づけにするためのもので、Amazonで購入すると7000円~10000円ほどかかります。

ネジが外せれば、そのお金は不要なわけで…

5個のネジのうち2個のネジを外すことには成功!!

残りの3個のネジはドライバーが空回りして「ネジ山がなめている」状態でした。

太い輪ゴムとドライバーでネジを回してみる

すぐに思いついたのは、「太い輪ゴムをネジ山にかぶせ、ドライバーで回す」という対策。

この対策は、以前テレビで見て知っていました。

結論から言うと、この方法ではネジを抜くことができませんでした。

近所の100均には太い輪ゴムが売っていなかったので、ゴム製の指サックを代用して、ネジを回してみましたが、ダメでした~。

「ネジザウルス」最強だった

今回抜きたいネジは、私がイスに乗って手を伸ばした先の壁にありました。

この状況、なかなか力が入りにくいので、輪ゴム+ドライバーでは少し難しかったのかもしれません…。

非力な女性でも、簡単にネジを抜くことができる手段はないものか…

私がたどり着いたのは工具メーカーのエンジニアさんから販売されている「ネジザウルス」。

ネジザウルスは、ネジ頭をがっちりと掴むことができるペンチ。

私が抜きたかったネジは、少しだけ壁から浮いている状況だったので、ネジ頭を掴むことができるだろうと、購入してみました。

通常のペンチは横にミゾが入っているので、ネジ頭を掴んでもツルツルとして把持が難しいのですが、ネジザウルスは、縦にミゾが入っているので、しっかりとネジ頭を掴むことができました。

一家に一台⁉ネジザウルスは非力な女性にもおススメ

シンママは「パパが居てくれたら助かっただろうなぁ~」って場面でも、まずは自分で対処しなくてはいけません。

今回の「ネジを外す」という場面も、もしかしたら力のある男の人なら、普通に外せたのかも。

もしくは、ネジ山が潰れかけていたので、男の人の力でも無理だったかも…。

それは分かりませんが、「ネジザウルスがとっても役に立った」というのは真実。

生活するうえで、大きな工具は必要なくても、ドライバーセットだったり、ちょっとした工具って結構必要性を感じます。

その工具の中に「ネジザウルス」があったら、便利なことは間違いなし!!

私は、ネジザウルスにたどり着くまでに、「町の便利屋さん」に連絡しなくてはいけないかな…とか、ネジを外すのを諦めて、Amazonで購入し直そうかな…とか。

とりあえず、お金で解決するとしたらいくら位かかってしまうかしら⁉と考えたりもしました。

私は、握力は弱め~普通くらいだと思っています。

非力な女性の強い味方だと思うので、今回ご紹介しました。

shizuka
shizuka
ぜひ、「一家に1ネジザウルス」をご検討くださいね。
 
created by Rinker
エンジニア(ENGINEER)
¥1,982 (2022/12/02 21:27:25時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの記事もおすすめ!