シングルマザー

ビルトイン食洗機の故障~水漏れ不良が原因!?~

この度、食洗機が壊れてしまいました。

電気系統に強いわけではないので、自分では修理の限界を感じ、Panasonicに連絡して、修理依頼をしました。

食洗機のアラームに気づいてから、自分で出来る事は何があるでしょうか?

食洗機は私の大切な家事のパートナー。故障したと思うと焦ってしまいました。

慌てずに、私の行った手順を参考に対処してみて下さいね。

使用している食洗機

私が使用している食洗機は…

  • ビルトインタイプの食洗機:パナソニックNP-P45R2シリーズ
  • 使用期間:約10年
  • これまでPanasonicに修理依頼をしたことはない

扉が閉まらない事態が起きた時は、自分で解決できた▼その時の記事はこちらです▼

食洗機のドアが閉まらない!~自分で修理してみた~我が家は、システムキッチンに埋め込み型の食洗機を使用しています。平成22年から住みだしたので、もうすぐ10年…。電化製品って、10年とか...

食洗機の状況を確認⇒機内の水漏れ不良が原因!?

朝ごはんと昼ごはんで使用した食器類を洗う為に、いつも通りにセットし、食洗機の運転を開始しました。

普段通りに使用開始し、私はそばのテーブルでPC作業を開始しました。

途中、「ピピピピ」という警報音あり。聞いた事がない音だけど、何かの「警報音」だと分かる音でした。

1回目のピピピピ。どの電化製品からの音なのか確認しました。その時は、食洗機の作動音がしていた為、食洗機からとは気づかず、音の発信源が分からず、PC作業に戻りました。

2回目のピピピピ。やっぱり、どこかの、何かの警報音が鳴っている。1回目よりもじっくりと電化製品をチェックしました。食洗機を確認すると、「強力」「少量」のランプが同時に点滅している事に気づきました。

食洗機の扉を開けても、作動音が止まりません。(焦りました)

電源切/入ボタンを押してもランプの点滅が止まらず、作動音も止まりません。(かなり焦りました)

取説を探している間に、作動音は止まりましたが、ランプの点滅は続いています。

取説によれば、

「機内の水漏れ不良」

  • 本体から水漏れしている
  • 配管の高圧洗浄を行った

のアラームだったようです。

やらなくてはいけないことに、

「止水栓か水道の元栓を閉めてください」

水漏れの恐れがあるため、至急設置された販売店にご連絡ください。

と書いてありました。

Panasonic修理窓口で分かったこと

ネットで取説を探してみて(パナソニックNPシリーズの取説はこちら)、パナソニックの修理窓口(0120-878-554)へ電話をしました。

パナソニックに訪問してもらって点検・どこの修理が必要なのかは確認してもらう必要があるということでした。

食洗機の状況を伝えて、パナソニックの地域担当から1時間程度で折り返しがありました。

地域担当から連絡が来た時に、再度食洗機の状況をお伝えして、修理費について確認しました。

この時、「修理をおねがいしたい」と伝えると、料金の説明なしに、修理日を決めようとされたので、自分か聞きたい事は自分から確認した方がいいと思います。

  • 訪問して状態確認(出張費):3500円+税
  • 修理見積もり:25000~40000円

訪問後、実際に食洗機の状況を確認してから、最終の値段が決まる流れでした。

もしも値段に納得できれば、修理代には出張費も含まれるそうです。

修理を依頼しなくても、出張費は必須です。

ここから修理代の大体の予想が出来ます。参考にしてみて下さい▼

http://jpn.faq.panasonic.com/app/answers/monshin/kata/

私が行ったこと

  • 水漏れしていないか、食洗機の音を確認⇒水が出ている音はなし
  • 止水栓を確認⇒簡単に見つけることができたが、止水栓を回すことができず、業者さん(販売店)を呼んだ
  • 水道メーター(水道の元栓)を確認して、漏水がないか確認した

止水栓を閉めようと、食洗機の下の棚を外し、止水栓を探しました。

食洗機の下の棚を外すことは難しい事ではなかったのですが、止水栓にハンドルがついていない。

取説にも設置した販売店へ連絡して、と書いてあったので、販売店へ連絡をしました。

連絡した時点で、食洗機から水が出る音はしていなかったので、販売店からは止水栓を止める必要はないと言われましたが、実際に家に見に来てくれる事になりました。

一応、外の水道メーターで、漏水していないこと(家の中で水を流していないのに、メーターが動いていないか)を確認してみてくださいと言われました。

水道メーターを探すのにも一苦労でした。

地域によって違うのかもしれませんが、我が家の水道メーターはこんな感じで屋外にありました。

メーターが動いていない事を確認して、販売店の人が来るのを待ちます。

販売店の人が到着し、止水栓を確認してもらいました。

この手のタイプは、10円玉などでひねると、止水栓を調整することができるタイプだったそうです。

販売店の人が来てくれたので、修理を依頼できないか、いくら位でできるか確認したのですが、

  • 修理箇所はPanasonicの修理点検に人に見てもらわないと分からない。
  • 部品があれば修理は可能。
  • 9年使用しているので、部品がない可能性がある。
  • 買い替えの際の取り付けは対応可能。

と言われました。

食洗機がない生活

食器洗いの途中で食洗機が壊れてしまったので、自分で食器洗いをしなくてはいけません。どれだけ、食洗機に頼った生活をしていたのかと思いました。

使用した水の量も、食洗機よりも多かったと思います。手の乾燥も強くなりました。

食洗機に頼る生活をしていたので、洗った食器を拭いて乾燥させるのも大変だなぁと思いました。

途中で気づいたのですが、食洗機の中に水が溜まっていないなど、きれいな状態であれば、手洗いした食器を一旦食洗機の中に入れて、食器かごとして使用するのが便利でした。

こんな基本的な事に最初から気づかない私のような人は少ないとは思いますが、洗浄後の一時置き場を設けることで、拭きあげる手間が大分楽になりました。

まとめ

いかがでしたか?

後日、実際にPanasonicの修理の人が来て、食洗機の状況を確認後、見積もりを出してくれた記事をアップしたいと思います。

食洗機が壊れたら、

  • 修理依頼をする
  • 新しく買い替える
  • 手洗いに切り替える

のパターンがあると思います。

自分の生活と金銭面を考えて、どのパターンが一番いいのか…。よく考えたいところですね。

食洗機の修理見積もり後、修理をした時の記事はこちらです▼

食洗機の故障~修理代公表します~我が家の食洗器が壊れました。 ビルトイン食洗器で、約10年の使用歴です。 11月16日(土曜日)に壊れた事に気付き、修理窓口...

 

こちらの記事もおすすめ!