お出かけ

大人気!予約の取れないアフリカンサファリのキャンプ場のこと教えます。

大分県安心院のアフリカンサファリでは、毎年ゴールデンウィーク(GW)と夏休み期間の期間限定で、キャンプ場がオープンします。
アフリカンサファリに行った事がある人も、「キャンプ場?」と思われるかしれませんね。実は、園内マップにも『㉛番キャンプ場』と書いてあります。(園内マップはこちらをご覧ください。)

そんな、知る人ぞ知るキャンプ場。実は、毎年予約を取るのが難しいキャンプ場でもあります。大人気のアフリカンサファリ内のキャンプ場がどんな所なのか、不安を少しでも解消するお手伝いができたら嬉しいです。

▼キャンプ場の予約に関してはこちらの記事もご参照ください。

アフリカンサファリ【TeePeeキャンプ場】の予約の取り方大分県安心院にある九州自然動物公園アフリカンサファリには、ゴールデンウィーク(GW)と夏休みだけオープンするキャンプ場があります。 ...

キャンプ場まで道案内します

アフリカンサファリは、ゾウが見えてきたらもうすぐです。

道なりに進んでいくとアフリカンサファリの入り口が見えてきます。
車から声をかける事ができる入場門があるので、『キャンプの予約をしている』事を伝えて下さい。『交換券』をもらうことができます。

そのまま駐車場に入って、『総合案内所』に行って手続きをするように言われます。総合案内所で『交換券』を見せるとスムーズに進行します。キャンプの代金(人数分)は、その時に総合案内所で支払います。

レンタルが必要な場合には、管理棟に行ってからお金を支払います。キャンプの受付は、13:30からなので、早く着いた時には、時間まで園内で過ごすことが出来ます。

総合案内所から、キャンプ場までの案内図をもらいます。

初めてだと、ドキドキしますよね。標識の通りに進んでください。

ジャングルバスが駐車してある方向(出口方向)に向かっていくと、地面に「キャンプ場」の案内が見えてきます。

そのまま矢印の方向に進んで下さい。すぐに、職員用駐車場?と思うような砂利が敷かれたスペースと、舗装された道と分かれる所が出てきます。

この時、この写真の看板が出ているので、【砂利道】の方に進んで、『TeePeeキャンプ場』を目指します。

この道で合ってるかな?と心配になるかもしれませんが、「キャンプ場」の案内に従って進んで下さい。道が開けてきて、キャンプ場の案内が見えて来ます。

管理棟ってどんなところ?

管理棟には、24時間スタッフさんが勤務してくれている案内所的な場所です。レンタル品もこちらでお借りする事ができます。

キャンプのチェックインは、13:30からです。

まずは、キャンプ場に行って、「管理棟」に声をかけてください。
キャンプ場の説明などを詳しくしてくれます(詳しく説明してくれるので、説明が長いです…。)
みんなが同じ時間帯に到着するので、長めに待つことを想定して下さい。
テントの番号の案内とナイトサファリとジャングルバスの予約について教えてもらいましょう。

レンタルするものがあったら、その時にお願いした方がいいです。説明が終わったら、キャンプ料金に含まれている「ランタン」や「テーブルとイス」を渡してくれます。

その時に当日のナイトサファリと翌日のジャングルバスの予約券をもらえるので、失くさないでくださいね。

レンタルのバーベキューコンロには、新品の網も1枚付いてました。

網の大きさは、テーブルの半分位。でも、テーブルの大きさが分かりづらい…

毛布は、ナイトサファリから戻ってきてから、声をかけるともらえます。

管理棟の左右に、シャワーとトイレが完備されています。また、管理棟の近くに炊事場やゴミ捨て場もあります。
シャワーは100円で3分間使用する事ができます。3分って意外と長いです。汗を流す程度であれば、3分で十分さっぱりとなることができます。

TeePeeキャンプ場について

TeePeeテントとファミリーテントが準備されているキャンプ場です。常設テントなので、自分でテントを設営する必要がないのがキャンプ初心者にも嬉しいところです。

TeePeeキャンプ場について

料金

  • 大人6500円 
  • 子供(4歳以上中学生以下)4500円
  • パスポート会員ならもっとお得です

料金に含まれるもの

  • アフリカンサファリ入園料(通常;大人2500円、子供1400円)
  • 宿泊当日のナイトサファリ(通常(入園料も含んだ料金);大人2700円、子供1600円)
  • 翌日のジャングルバス(通常;大人1100円、子供900円)
  • テント使用料(宿泊費);ティーピーテントでも、ファミリーテントでも、同じ料金です
  • テント内に敷くマット
  • 電池式ランタン1つのテントに付き1つ
  • 毛布(1人1枚)
  • テーブル(1つ)・イス(人数分)

TeePeeテントは、1張り6名まで泊まる事ができます。8テントありました。

去年泊まった時と、TeePeeテントの色が変わっていました。スタッフの方に確認したら、テントはきちんと管理しているので、劣化があれば、2~3年おきに交換しているそうです。

ファミリーテントは1張り5名まで泊まる事ができます。20テントありました。

チェックインが終了したら、各自指定されたテントへ行きます。
車は、テント近くに停めるのではなく、アスファルトの部分に停めて下さい、とお願いされました。車内からテント内へ荷物を運ぶアウトドアワゴンもお借りできました。

TeePeeキャンプ場は少し離れた所に駐車場があるので、テント内に荷物を運び入れたら、車を駐車場まで移動させてください。

管理棟は向かって右側がトイレ、左側がシャワーになっています。

シャワーの横に炊事場があり、ごみ捨て場もあります。比較的きれいに管理されています。

オートキャンプ場について

2019年から新設されたキャンプ場です。ファミリーテントが10テントありました。

TeePeeキャンプ場よりも、大人・子供共に1000円ずつお値段が高くなります

  • TeePeeキャンプ場;大人6500円、子供4500円
  • オートキャンプ場;大人7500円、子供5500円

TeePeeキャンプ場との違いは、

  • テント横の専用駐車場に車をとめてキャンプができる。
  • コンセントが設置してある。

ことです。

TeePeeキャンプ場のファミリーテントは地面に直接テントが設置されていましたが、オートキャンプ場は、1段高くなっていて、砂などがテント内に入り込みにくくなっていました。

電源は2口のコンセントがありました。

電源は、テントからは少し離れた場所に設置してありました。

管理棟は向かって右に男性用のトイレとシャワー、左に女性用のトイレとシャワーになっていました。2019年に新設されていることもあり、きれいに管理されていました。

多目的トイレもありました。車いすでも管理棟へ入れるように、スロープもありました。

持参したもの

▼BBQについて、持参したものはこちらをご覧ください。

初心者でも大丈夫!女性と子供だけでBBQ in アフリカンサファリキャンプ場キャンプって、初心者でもできるのかな?女性だけでも大丈夫かな? キャンプには興味あるけど、ハードルが高い気がしますよね。最近は「キャン...

今回は、ファミリーテントに泊まりました。テント内に敷くマットはすでに敷いてありました。

持参して良かったもの

  • 長袖長ズボンのパジャマ:アフリカンサファリは山の上にあります。ナイトサファリから戻って来る頃にはヒンヤリとした空気になっていました。翌日も、園内には霧がかかっていました(その日の天候によるとは思います)。就寝中、朝方には寒さを感じる事があると思いますので、寒さ対策はしておいた方がいいと思います。
  • 要らなくなった敷布団:テント内に敷くマットは薄いです。追加料金を払えば、マットを追加する事もできます。私は、不要になった薄い敷布団があったので、シングルサイズ2枚を持参しました。ファミリーテントは、シングルサイズ2枚を敷くと、端っこに荷物を置くスペースができる程度の広さで、ちょうど良かったです。
  • 蚊取り線香:去年は「蚊」の存在をあまり気にしませんでしたが、今年は「蚊」がいました。テント回りやテーブル回りに蚊取り線香を置いて対応しました。
  • トランプなどテント内で遊べるもの:消灯後も興奮気味の子供はすぐに寝ません。せっかくのキャンプだから、大きな声を出さないで、と注意ばかりしたくないですよね。ほんの少し気分転換ができるものを持参すると子供も飽きずに過ごせると思います。

キャンプの一連の流れについて

今回のキャンプでは、

  • 13:30:到着(チェックイン)
  • 19:25:ナイトサファリ
  • 8:50頃:チェックアウト
  • 9:25:ジャングルバス        でした。

チェックイン後

テントに着いた時に買ってきたお弁当を食べました。

子供は「滝すべり」をしたくて、お昼ごはんを速攻で食べてしまい、「滝すべり」に遊びに行きました。子供の様子を交代で見に行きながら、BBQの準備をしました。

キャンプ場を探索して楽しもう!

ナイトサファリまでの過ごし方

滝すべりの後、まだお腹が空かないという事で、園内に行き、カンガルーやモルモット・ハリネズミとの触れ合い体験をしたり、リスザルなどの動物を見て過ごしました。19時にはBBQを終了したかったので、17時頃にはテントに戻ってきて、BBQをしました。

キャンプやBBQ初心者だと、1つの予定にどれくらいの時間がかかるか分からないので、計画が立てにくいという事がありますね。多少長めに予定時間の予測を立てておくと、子供のハプニングにも対応できますよ。特に子供さんの年齢が幼いほど、時間を長めに予測しておくことが大切ですね。

ナイトサファリ

19時にテントを出発して、ナイトサファリに参加しました。サファリバスは約50分間バスに乗ります。事前にトイレを済ませておくことをおススメします。
また、帰り道は随分と暗くなっていますので、お借りしているランタンを持参して参加するといいですよ。

  • バスに乗る前にトイレを済ませましょう。
  • 帰りは暗いので、ランタン持参で参加しましょう。

ナイトサファリ後

ナイトサファリから戻って来たら、花火をしました。花火はアスファルトの所でしましょう。打ち上げ花火をする事はできません。花火の消火用のバケツは借りる事ができますよ。
22時消灯です。管理棟の明かりが薄くなります。消灯後はあまり大きな声で騒ぐことはやめましょう。
ナイトサファリから戻ってきて、花火をしたり、シャワーを利用したりしていたら、消灯まではあっという間です。

  • 花火で子供は大喜び。
  • 少しシャワーが混雑します。

消灯後

子供たちは、消灯後も眠くなかったのか、トランプをしたりして過ごしました。

夜中2時、小さな子供の泣き声が止まず、目が覚めました。小さな子供にとっては、環境の変化などで、夜泣きしてしまう事もあるかもしれませんね。でも、そこはお互い様。誰も文句を言ったりしないのがステキな所でしたね。

そんなハプニングがあった為、子供と一緒にトイレへ行った帰り。ふと見上げた夜空に流れ星が!偶然に見る流れ星って感動しますね。キャンプに行ったら、ぜひ、夜空も眺めてほしいです。

  • 大自然に囲まれた環境を満喫しよう!
  • ぜひ、夜空を見上げて見て下さい!

起床後~チェックアウト

長袖長ズボンのパジャマを持参していたので、朝方もあまり寒さを感じることなく過ごせました。
朝ごはんを食べて、ジャングルバスの時間まで過ごします。
荷物をまとめて、チェックアウト後、車を一般駐車場に停めてから、ジャングルバスに乗車します。
アフリカンサファリの開園は9時なので、ジャングルバスの時間よりも早めにチェックアウトすると、空いている園内でポニーと触れ合う事ができたり、記念撮影スポットでゆっくりと写真撮影する事ができます。

ジャングルバス乗車前(混雑前)に、記念撮影などを済ませておくことをおススメします。

まとめ

いかがでしたか?
今回は「大分県安心院にあるアフリカンサファリ内のキャンプ場」についてご紹介しました。
どんな所か分からないと、持って行くものの検討もつきませんよね。このキャンプ場のイメージが付き、キャンプを楽しんでもらえると嬉しいです。
ぜひ、参考にしてみて下さいね。

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!